文字サイズ

松山英樹、後退5打差13位「昨日の後半のようなパットがあれば、まだチャンスある」

 「米男子ゴルフ・ソニー・オープン・第3日」(16日、ワイアラエCC=パー70)

 3打差の7位で出た松山英樹(28)=LEXUS=は1イーグル、3バーディー、1ボギーの66と伸ばしたが、通算13アンダーで13位に後退した。単独首位に立ったブレンダン・スティール(米国)とは5打差。小平智は69で回り6アンダーで60位、木下稜介も69で5アンダーの66位となった。

 松山は1イーグル、3バーディー、1ボギー。上位が大幅に伸ばしたため首位とは5打差に開いたが「最終日は相当なビックスコアを出さないと話にならないが、今日までのショットと、(自己ベストのハーフ28で回った)昨日の後半のようなパットがあれば、まだチャンスはある」と望みを捨ててはいない。

 アイアンがさえ「ここまでボールをコントロールできていたのは長らくなかった」と、パーオンを逃したのは2ホールだけ。9番パー5で4メートルを決めてイーグルとすると、12、16、18番でバーディーを奪った。

 最終日は荒天予報で、スタート時間も早まった。天気が荒れれば、優勝争いはさらに混とんとしてくる。「明日はすべてがかみ合う事を祈りながら」と意味深に笑った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス