文字サイズ

古江彩佳マイペースで逆転Vへ 2位浮上、安定感抜群!2日連続ノーボギー

 古江彩佳
2枚

 「女子ゴルフ・アース・モンダミン・カップ・第3日」(27日、カメリアヒルズCC=パー72)

 通算3アンダー、15位からスタートしたプロデビュー戦の西郷真央(18)=大東建託=がこの日は5バーディー、ノーボギーの67で回り通算8アンダー、3打差の2位に浮上した。古江彩佳(20)=フリー=も6バーディー、ノーボギーで同スコアの2位にジャンプアップ。田中瑞希(21)=フリー=はこの日70、通算11アンダーで単独首位を守った。

 スルスルと“馬群”を抜け出し、逆転優勝へ好位置をキープした。00年度に生まれたミレニアム世代の旗手・古江が2日連続のボギーなしの6アンダー66をマークし「全体的に安定したゴルフができた。徐々に集中力が高まっている」と胸を張った。

 言葉通りにスキのないゴルフを展開した。池がからむ難関ホールの9番パー3は第1打を左バンカーに入れたが、しっかりとパーをセーブ。12番ではカラーから8メートル、17番も6メートルの長いバーディーパットを沈めた。

 アマチュアだった19年10月の富士通レディースで優勝してプロ転向すると、最終戦のツアー選手権リコー杯で2位。安田祐、西村、吉田優という逸材がそろう同世代の中でも安定感は頭ひとつ抜けている。今週は同世代も出場しているが「自分のプレーをどう貫くかに集中しているので、そこは意識していない」とマイペースを強調した。

 浜崎あゆみの大ファン。会場入りする車の中で物まねをしながら曲を熱唱し、集中力を高めているという。「歌わないと(ゴルフが)ダメだったり、気持ちが乗らなかったりしますね」。この朝も歌って、3日目ベストスコアにつなげた。

 最終日は首位の田中との3打差を追いかける。「楽しんでプレーすることが今回の目標というか、楽しむことが大事。明日も笑顔でできたらいいなと思います」。プロとしては初となる優勝へ、静かに照準を絞った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス