文字サイズ

片岡大育 後退…首位と6打差もV争い諦めない「自分らしいゴルフができた」

 第2ラウンド、1番でティーショットを放つ片岡大育。通算7アンダーで12位
1枚拡大

 「米男子ゴルフ・ソニー・オープン・第2日」(12日、ワイアラエCC=パー70)

 7位で出た片岡大育(29)=日立キャピタル=は4バーディー、2ボギーの68で回り、通算7アンダーで首位と6打差の12位に後退した。63をマークしたブライアン・ハーマン(米国)が通算13アンダーでトップに立った。

 片岡はインスタートの10、14番で2メートルのパーパットを沈め、難しい17番パー3で1打目を2メートルにつけてバーディー。「あれで流れが良くなった」と上昇気流に乗ると、4番で2・5メートルを流し込み、8番はエッジから6メートルをねじ込み、最終9番も連続バーディーで締めた。「自分らしいゴルフができた」と満足げな笑みを浮かべた。

 決勝ラウンドに向けては「チャンスがあればどんどん上位にいきたい。ビッグスコアを出せば優勝争いもできる」と意欲満々だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス