文字サイズ

胸に「Z」印の露体操選手 1年出場停止処分とメダルはく奪処分

 3月にカタール・ドーハで開催された種目別W杯において、ロシア体操連盟(RGF)のイワン・クリアク(20)が胸にロシア軍の勝利を意味する「Z」マークをつけたユニホームを着用した問題で、国際体操連盟(FIG)から懲戒手続きを申請されていた独立機関「体操倫理財団」は18日、同選手にFIG公認大会への1年間の出場停止処分を下したと発表した。同大会におけるメダルもはく奪され、賞金も返済を求められた。同選手は21日以内に上訴する権利を有する。

 ロシアのウクライナ侵攻により、世界が緊張状態にある中、種目別平行棒で3位となった同選手は、優勝したウクライナのイリア・コフトゥンとともに表彰式に出席。クリアクのユニホームの胸にはテープで作ったような「Z」の文字があった。「Z」はウクライナ侵攻を行うロシア軍の軍用車両に記されている文字で、ロシア国内では勝利を象徴するとされており、FIGは「衝撃的な行為」と問題視。独立機関「体操倫理財団」へ懲戒手続きを申請していた。

 同選手は4月にロシア国営テレビ「RT」のインタビューで大会での同行為の経緯について、ウクライナ側から挑発行為があったことを明かし、「後悔は全くない。2度目のチャンスがあり、選択の必要があっても、まったく同じことをするだろう」と、語っていた。クリアクは1年間禁止の報道を受けて、現地メディアに「不公平だ」と反発していた。

 国際体操連盟は3月7日からロシアとベラルーシの選手を国際大会から除外している。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス