文字サイズ

御嶽海3度目Vで“やっと”大関昇進へ 感無量「素直にうれしい」言葉しばらく出ず

 八角理事長から賜杯を受け取る御嶽海(右)=撮影・出月俊成
 懸賞金を抱えて花道を引き揚げる御嶽海(撮影・出月俊成)
 照ノ富士に勝利する御嶽海(左)=撮影・中島達哉
3枚

 「大相撲初場所・千秋楽」(23日、両国国技館)

 関脇御嶽海(出羽海)が、3度目の幕内優勝を決めた。

 13場所ぶりに抱いた賜杯に対しては、「やっぱり自分には重たいなと思いました」。横綱照ノ富士との、この日の結びの一番は「自分の相撲を取る。それだけを思ってやりました」と振り返った。

 母親のマルガリータさんも館内で見守っていたが、「そうですね。ありがございます」と笑顔を見せていた。

 重圧を感じながらの場所となったが「楽しめました」と頼もしい言葉も聞かれた。

 大関昇進を決める臨時理事会の開催も決まった。ことの重さをかみしめるように、御嶽海は「なかなか、そういう経験をできることではないで、素直にうれしいです」と言葉をつむいだ。長年、大関候補と言われ続けたことに「長かったです」と思いを込めた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス