文字サイズ

伊藤美誠、早田ひな組 2大会連続銀メダル 前回決勝と同じ相手にリベンジならず

 「卓球・世界選手権」(29日、ヒューストン)

 女子ダブルス決勝が行われ、伊藤美誠(21)=スターツ、早田ひな(21)=日本生命=組は、19年大会決勝と同じ顔合わせとなった王曼ユ、孫穎莎組(中国)に0-3で敗れ、2大会連続の銀メダルとなった。女子シングルスは、王曼昱が孫穎莎を4-2で下して初優勝。男子シングルスは世界ランク1位の樊振東(中国)が初制覇した。中国勢が不在だった男子ダブルスは、カールション、ファルク組(スウェーデン)が初の王者となった。

 念願だった再戦にこぎつけた“みまひな”ペアだったが、力ではね返された。同世代の中国最強ペアに攻略の糸口をつかめないまま完敗。攻め手を封じられ、中盤以降は伊藤のバックハンドで勝機を探ったもののミスがかさみ、万策は尽きた。

 2年前は2-4と競ったものの、スコアだけ見れば0-3と、その差は開いた印象が残る。伊藤は目に涙を浮かべ、「(準決勝で)中国選手に勝って決勝まで上がれたのは自信になったが、やっぱり優勝以外は意味がないと思っているので、すごく悔しい気持ちでいっぱい」と声を震わせた。

 大会前の合宿から2人で練習を重ね、伊藤が「めっちゃ強いです」と口にするほど自信を持って臨んだだけに、完敗のショックは大きい。早田は「またしっかり練習して、いつか絶対優勝できるように頑張りたい」と前を向いた。

 打倒中国での優勝を掲げた伊藤だったが、フタを開けてみればダブルスを制し、シングルス決勝も2人で争った王曼昱、孫穎莎の“出世大会”となった。日本のエースは「孫選手と王選手に勝たないと、まだまだ終われない」と再確認。パリ五輪に向けて、追うべき背中はより明確になった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス