文字サイズ

15歳・ワリエワ世界最高V 異次元男子超えスコア 日本では「スシにトライしたい」

女子でGP2連勝を飾ったカミラ・ワリエワ=ソチ(タス=共同)
女子でGP2連勝を飾ったカミラ・ワリエワのフリー=ソチ(ロイター=共同)
女子でGP2連勝を飾ったカミラ・ワリエワ=ソチ(ISU提供・ゲッティ=共同)
3枚

 「フィギュアスケート・ロシア杯」(27日、ソチ)

 女子フリーは、ショートプログラム(SP)首位発進のカミラ・ワリエワ(15)=ロシア=がフリーも1位の185・29点をマークし、合計272・71点でGP2連勝を飾った。前日のSPで世界最高得点を塗り替えていたが、フリーと合計でも自身の持つ世界最高得点を更新。合計の歴代最高得点では、2位以下に25点差の大差と、圧倒的な強さを証明した。

 ワリエワは、サルコー、トーループと2種類の4回転ジャンプを計3度成功。全ての要素で驚異的な加点を獲得した。また表現力などを表す5項目の演技構成点では10点をつけるジャッジが出るなど、異次元の総合力を見せつけた。

 合計272点は今大会の男子優勝者をも上回る。それでも「男子とは戦いたくない。私のカテゴリーが好き」と苦笑いを浮かべたワリエワ。「落ち着いて、自分たちが取り組んできたことを出せて良かった。今日は本当にスケートが楽しかった。(連続ジャンプで)トリプルではなくダブルサルコウになったミスが1つあったので、まだマックスではない」と振り返った。

 GP2連勝で12月のファイナル(大阪)進出が決定。開催国の日本について問われると、バブルの状況を懸念しながらも「スシにトライしたい」と笑顔で話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス