文字サイズ

宇野昌磨SP2位、冒頭4回転が2回転で「0点」に チェン出遅れ4位、佐藤は5位

 「フィギュアスケート・スケートアメリカ」(22日、ラスベガス)

 男子SPが行われ、宇野昌磨は89・07点で2位につけた。

 宇野は冒頭に予定していた4回転フリップが2回転になり「無効な要素」となってこのジャンプが0点になった。残るジャンプの4回転トーループ-3回転トーループと3回転アクセルは出来栄え点で加点を得た。

 佐藤駿は80・52点で5位。注目のネーサン・チェン(米国)は転倒などミスもあり、82・89点で4位。SPトップはビンセント・ゾウ(米国)で97・43点だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス