文字サイズ

宇良 3連勝締めで7勝8敗「負け越したので良くはない」も前向く 観客沸かす

 一山本を突き出しで下した宇良(撮影・伊藤笙子)
 一山本を突き出しで下した宇良(撮影・三好信也)
 一山本を突き出しで下した宇良(手前)=撮影・三好信也
3枚

 「大相撲秋場所・千秋楽」(26日、両国国技館)

 東前頭6枚目、人気業師の宇良(29)=木瀬=が一山本を突き出して3連勝で7勝目(8敗)を挙げて締めた。「負け越したので良くはない。相撲なんで勝ったり負けたりしながらやっていくものなんで。振り返っても仕方がない部分はあるので」と語った。

 今場所は5日目、大栄翔(追手風)を送りつり出しの大技で撃破。10日目は、自身初の結びで新横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)に挑み、大奮闘。大いに観客を沸かせた。

 宇良は2度の右膝手術で一時は序二段まで降下。先場所21場所ぶり幕内復帰を果たした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス