文字サイズ

妙義龍 逆転Vへ夢つないだ 大一番で“妙技”さく裂!正代を完封「一生懸命取った」

 「大相撲秋場所・14日目」(25日、両国国技館)

 平幕妙義龍が逆転初賜杯の夢を千秋楽につなげた。正代を電撃速攻で寄り切り、連日の大関撃破で自己タイ11勝目。唯一、トップと1差の3敗を死守した。新横綱照ノ富士は大関貴景勝を上手投げで下し、単独トップをキープする12勝目(2敗)を挙げた。優勝は2人に絞られ、千秋楽、照ノ富士が大関正代に勝てば史上9人目の新横綱V。妙義龍が関脇明生に敗れても決まる。妙義龍が勝ち、照ノ富士が負けた場合、決定戦に持ち込まれる。

 これが妙義龍の電撃速攻だ。34歳、磨き上げた“妙技”が大一番でさく裂した。低く鋭い踏み込みから瞬時に左前みつ。起こして右も取って電車道。正代を3秒0で完封した。

 貴景勝に続き大関を連破。前頭10枚目で抜てきに応えて1差を守った。「大関に当たる番付じゃないのに組んでもらった。一生懸命取った」と、インタビュー室でうなずいた。

 3敗勢は目の前で遠藤、阿武咲が散り自身が最後のとりでだった。「いらんこと考えずに自分の相撲を取ろうと思った。考え過ぎたら、こんな相撲は取れていない。自分のやってきたことを信じた」と重圧をはねのけた。

 幕内で約10年生き残る猛者。新横綱に負けない「不動心」で14日目Vを阻止。プロ13年目、逆転初優勝の夢を千秋楽につないだ。

 昭和61(1986)年生まれ“花のロクイチ組”の1人。この世代では引退した元横綱稀勢の里、元大関豪栄道が出世したが、いぶし銀の存在感が光る。

 「妙技を持ち義に熱く」-。しこ名の名付け親、埼玉栄高の恩師・山田道紀監督は「あんな粋で着物が似合う力士はいない。立ち姿がお相撲さん」とべた褒め。粋な男には銀色の賜杯がよく似合う。

 V争いは横綱と2人に絞られた。緊張は「そんな(ない)です」と笑う。まずは本割の明生戦へ「きょうみたいな相撲が取れれば」と気負いはない。

 疲れのたまる終盤も愛息の泰吉くん(4)、兼吉くん(1)が癒やしてくれる。子育ては「できることを手伝ってます」とイクメン。「早よ帰らんと(子供が)寝てまうかもしれんので」と関西弁で笑わせ帰路を急いだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス