文字サイズ

天皇陛下の五輪懸念拝察 海外にも波紋 有力紙「天皇から不信任」「官房長官は軽視」

 宮内庁の西村泰彦長官が24日、新型コロナウイルス感染下での東京五輪・パラリンピック開催について、天皇陛下の受け止めとして「国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べたことについて、海外有力メディアも一斉に報じた。

 開幕まで残り1カ月に迫る中での天皇の懸念。米ワシントンポスト紙は「東京五輪は天皇から重要な不信任決議を突きつけられた」とし、「天皇は大会の名誉総裁であり、日本では広く尊敬を集めているが、政治的権力はない」としつつ「彼がそのような重要で物議を醸すトピックについて発言することはまれであり、彼の見解は重要です」と、分析した。

 英高級紙ガーディアンは「天皇の発言は五輪がコロナ感染増加に繋がると恐れる人々を励ます」とした。加藤官房長官が「西村氏の個人的な見解」とし、発言を「軽視」したことなどを伝えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス