文字サイズ

ハンドボール 五輪代表14人を発表 キルケリー監督「強いチームができた」

 代表発表のスクリーンを指さすウルリック・キルケリー監督=東京都内
 ガッツポーズをするウルリック・キルケリー監督=東京都内
2枚

 日本ハンドボール協会は23日、都内で会見を行い、東京五輪に臨む女子日本代表「おりひめジャパン」の14人を発表した。女子は開催国枠で、1976年モントリオール大会以来、11大会ぶりの五輪出場となる。

 14人の内定選手を発表し、ウルリック・キルケリー監督(49)は「強いチームができたと思っている。大変満足している」と笑顔で語った。コロナ禍で約1年半、海外勢と試合ができていなかったが、先月12日から今月8日まで欧州遠征を敢行。欧州強豪で監督を兼任するオーデンセとの合同練習をするなどし、「できる限り最大限の準備ができた。東京五輪に向けていいチーム作りができている」と自信を見せた。

 主将を務める原希美(三重バイオレットアイリス)は日本協会を通じて「正式に代表内定して身の引き締まる思いです」とコメント。「5年間の集大成全てをぶつけて、オリンピックの舞台を楽しみたい。東京オリンピックの舞台で、最高のパフォーマンスをお見せできるよう、残り30日ほどですが、しっかりと準備して行きます」と意気込んだ。

 代表選手は以下の通り。

 3角南果帆(ソニーセミコンダクタ)

 4角南唯(北国銀行)

 5塩田沙代(北国銀行)

 12板野陽(イズミメイプルレッズ)

 18田辺夕貴(北国銀行)

 21池原綾香(デンマーク・オーデンセ)

 24原希美(三重バイオレットアイリス)

 25大山真奈(北国銀行)

 27佐々木春乃(北国銀行)

 28永田しおり(オムロン)

 30亀谷さくら(フランス・ブサンソン)

 34近藤万春(イズミメイプルレッズ)

 40藤井紫緒(大阪ラヴィッツ)

 81石立真悠子(三重バイオレットアイリス)

 (数字は背番号、()内は所属)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス