文字サイズ

九州の聖火リレー、最終日迎えるコロナ禍、希望の光に

 東京五輪の聖火リレーは12日、福岡県での2日目を迎えた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴い県全域で公道での実施が中止され、北九州市の関門海峡ミュージアムイベント広場で点火セレモニーを開催、92人が参加した。4月23日に始まった九州・沖縄のリレーはこの日終了。舞台は本州に移るが、公道でのリレー取りやめが相次いでいる。

 セレモニーでは、ランナーが聖火を受け渡す「トーチキス」をし、最終走者が聖火皿に点火。トーチキスを終えた2012年ロンドン五輪バレーボール女子の銅メダリスト竹下佳江さん(43)は「聖火が希望の光になれば」と願った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス