文字サイズ

正代 照ノ富士を「意識する」同い年大関にライバル心 実戦稽古ではまずまずの手応え

 かど番の大関正代(29)=時津風=が27日、都内の部屋で弟弟子の十両豊山相手に10番取って調整した。22日まで合同稽古に参加し5日ぶり実戦。稽古後に電話取材に応じ、「初日にしては動けてるのかな」と、まずまずの手応えを口にした。

 同い年の照ノ富士(伊勢ケ浜)が加わり4大関となった。「さらに相撲界が盛り上がると思うので、その中でも優勝争いに絡んでいけたらいい。(照ノ富士は)同い年ということで意識もする。お互いに負けたくない気持ちは強い」と、ライバル心を燃やした。

 緊急事態宣言のため3日目まで無観客開催。「残念ですけど開催されることをポジティブに考えていけたら。ちゃんと自分の相撲が取れるようにしたい」と、まずはカド番脱出を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス