文字サイズ

羽生が4回転アクセルを練習 人類初成功目指す大技

 「フィギュアスケート・世界国別対抗戦」(17日、丸善インテックアリーナ大阪)

 18日のエキシビションに向けた練習が行われ、ソチ、平昌五輪2連覇の羽生結弦(26)=ANA=が人類初成功を目指すクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)にトライした。練習開始から20分の段階で成功はなく、転倒が続いている。

 クワッドアクセルは、世界でいまだ誰も成功していない超高難度ジャンプ。基礎点は現在設定されているジャンプで最も高い12・50点を誇る。

 羽生は金メダルを獲得した18年平昌五輪以前から4回転半成功を目標に掲げており、3月の世界選手権後には「最終目標は五輪で金メダルではなくて、あくまでも4回転半を成功させること」とも語った。

 練習ではまだ一度もきれいな着氷がないというが、16日のフリー後には「今季4回転半が(試合のプログラムに)入れられなかったのは残念に思う。来季、4回転半がそろった、完成された演技を目指して頑張っていきたい」。エキシビションへ向けた自由度の高い練習とはいえ、観客も見守る公の場で、その確かな一歩を踏み出した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス