文字サイズ

ラグビー松島幸太朗 クレルモンは欧州ベスト8で敗退

 「ラグビー・欧州チャンピオンズカップ、クレルモン12-21トゥールズ」(11日、クレルモン)

 準々決勝残り2試合が行われ、クレルモンはホームのスタッド・マルセル・ミシュランにトゥールズを迎え撃った。日本代表の松島幸太朗はFBで先発、同じフランス・トップ14で欧州王者4度の強豪に対し12-21で破れ、自身は初の欧州王者を決める戦いをベスト8で終えた。

 前半は互いに譲らず6-6。トライなく後半もPG合戦。自陣に押し込まれ反則を繰り返すクレルモン。12-12から迎えた後半18、24、31分に連続PGを決めれられ12-21。残り3分でPGを得たが、SHパラが失敗して万事休す。松島のランからインゴール近くに迫る場面もあったが、互いにノートライで終わった。

 準決勝はラ・ロシェル(フランス)、レンスター(アイルランド)、ボルドー・ベグル(フランス)、トゥールズ(フランス)の4チームで30日以降に行われる予定。大会は新型コロナウイルスの影響で1次リーグの途中で中断。大会方式を変更し、2組上位8チームが決勝トーナメントに進んでいた。

 クレルモンの次戦はトップ14、18日のブリーヴ戦。上位8チームで行う決勝トーナメント進出を目指す。6試合を残し現在4位で、リーグ首位を走るトゥールズとは5月30日に再戦。2020年9月のホーム戦では33-30で勝利していた。

 

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス