文字サイズ

萩野公介が男子200M個人メドレー五輪代表入り「すごくうれしい」派遣タイム破り2位

男子200メートル個人メドレーを制し笑顔を見せる瀬戸大也。左は2位の萩野公介=東京アクアティクスセンター(撮影・高部洋祐)
男子200メートル個人メドレーで2位となり、インタビューを受ける萩野公介。右は優勝した瀬戸大也=東京アクアティクスセンター(撮影・高部洋祐)
2枚

 「競泳・日本選手権」(8日、東京アクアティクスセンター)

 男子200メートル個人メドレー決勝が行われ、萩野公介(26)=ブリヂストン=は派遣標準記録を突破した上で2位に入り、同種目の東京五輪代表を内定させた。すでに同種目の代表に内定している瀬戸大也(26)=TEAM DAIYA=が1分57秒41で優勝した。

 萩野はバタフライで遅れ、背泳ぎを終え2番手に。平泳ぎをトップで終えると自由形で瀬戸との勝負になり、瀬戸が先行した。萩野は1分57秒43で、派遣記録の1分57秒98を突破した。レース直後には、ライバル2人でがっちりと握手をしていた。

 萩野は場内インタビューで「素直にまず、オリンピックの代表権を獲得することができて、すごくうれしいです」と率直な思いを語った。「力出し切ったので、今の。次の夏に向けていいレースができたと思います」と五輪本番を見据えた。

 ライバルとの瀬戸との競り合いになり、「久しぶりに2人で泳ぐの楽しかったんですけど」など、笑顔も見せていたが、タイム的にはさらに上を目指す立場とあって、向上を誓っていた。

 萩野は5日に行われた男子200メートル自由形で3位に入り、800メートルリレーの選考基準を満たして、五輪代表入りを果たしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス