文字サイズ

五輪懸けた異例の“家族決戦”松村雄「心苦しい」義妹と組み、実妹に勝利 カーリング

決勝進出を決めた吉田夕梨花(右)、松村雄太組(左)=(C)JCA IDE
優勝を決め抱き合う(左から)松村雄太、吉田夕梨花((C)JCA IDE)
決勝を戦った左から吉田夕梨花、松村雄太、松村千秋、谷田康真=(C)JCA IDE
3枚

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(28日、青森市みちぎんドリームスタジアム)

 決勝が行われ、松村雄太(31)=コンサドーレ=、吉田夕梨花(27)=ロコ・ソラーレ=組が、連覇を狙った松村千秋(28)=中部電力、谷田康真(26)=コンサドーレ=を10-2で下し、22年北京五輪代表に望みを繋いだ。松村雄、吉田組は世界選手権(4月・開催地未定)代表に決定。同大会で7位以内に入り、日本の五輪出場枠を獲得すれば、再び松村千・谷田組との日本代表決定戦(時期未定・稚内)で、五輪代表を決定する。

 五輪挑戦権を懸けた異例の“家族決戦”だった。松村雄にとって、ペアを組む吉田夕は義理の妹。対戦相手の千秋は、実妹だ。加えて千秋とペアを組むのは、すでに男子4人制で五輪が有力となっているコンサドーレの同僚・谷田。関係性が複雑に絡み合った戦いを制し、一時的ながら実妹の五輪切符獲得を阻止した形となった松村雄は、千秋が涙する姿に「妹が泣いてるのが、一番心苦しい」と、言葉を噛みしめた。

 義兄妹ペアは1次リーグで2連敗スタートだったが、プレーオフを勝ち上がり、試合ごとに成長していった。「雄太の強さは精神的な強さ」(吉田夕)、「夕梨花の1番の強さは忍耐力」(松村雄)と認め合い、決勝でも勢いをみせつけ、序盤から2点、4点、2点の3連続スチールで圧倒。最後は松村雄がダブルテークアウトを決めて決着させた。

 世界選手権で五輪枠を獲得できれば、再び実妹との決戦が待ち受ける。ただ、今は日本のために、枠を勝ち取ることが最優先。松村雄は「日の丸を背負って、絶対に獲って帰ってくる」と、覚悟を口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス