文字サイズ

アイスダンス・村元&高橋組が世界選手権の補欠を辞退 日本スケート連盟が承認

 日本スケート連盟は24日、都内で理事会を開催し、3月のフィギュアスケート世界選手権(ストックホルム)へ、アイスダンスの村元哉中(かな)、高橋大輔(ともに関大KFSC)組の補欠辞退を承認した。同代表は小松原美里、尊組(ともに倉敷FSC)。

 竹内洋輔フィギュア強化部長によると、辞退理由は昨年12月の全日本選手権で村元が負傷した左膝の状態不良。2人は連盟を通じ「来シーズンに向け、1つ1つ課題をクリアし、来るべき試合に全力で挑んでいきたい」などとコメントした。

 世界選手権は外部との接触を遮断した「バブル」で開催予定。日本連盟は事前に各選手がPCR検査を実施し陰性を確認した上で集合し、現地入り後も規定に従って検査を受ける方針という。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス