文字サイズ

3年前に結婚していた!照ノ富士、都内で挙式 復活は「奧さんのおかげ」

結婚式を終え記念撮影する照ノ富士と夫人(代表撮影)
結婚式を終え記念撮影する照ノ富士と夫人(代表撮影)
指輪を交換する照ノ富士(代表撮影)
3枚

 大相撲の元大関で関脇の照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が11日、3年前に結婚していたことを正式発表し、同日、東京都江東区の富岡八幡宮で挙式した。夫人は同じモンゴル出身のツェグメド・ドルジハンドさん(26)。再大関とりの懸かる春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)へ、夫婦で決意の門出となった。

 晴れ着姿の美しい新婦を見て新郎は「派手ですね」と照れ笑いした。約30年前の師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と同じ地で結婚式。「この日を楽しみにしてました。(昨夜は)準備とか整えて、奥さんに良い1日にしてあげたいなと」と、晴れやかに節目の日に臨んだ。天候も快晴で「本当に運がよく」と、喜んだ。新婦も「緊張してます。うれしいですね」と応じた。

 知り合ったのは7年前。高校から日本に留学していた新婦と知人を介して会食。照ノ富士が「美しい女性だな」と一目ぼれ。夫人も「すごいいろんな面白い話をしてくれて、その時はずっと笑ってて、あっ面白い方だなと思っていました。明るくて」と、互いに好印象だった。

 当時、照ノ富士は幕内に上がったばかり。そこから番付を駆け上がり、2015年夏場所後に大関に昇進した。横綱に近いと目されながら、両膝の手術もあり2017年九州場所で大関を陥落。その後、内臓疾患も重なり序二段まで降下した。

 元大関が序二段まで降下したのはもちろん初の屈辱。引退を何度もよぎりながら支えたのが新婦だった。2018年2月14日のバレンタインデーにプロポーズし、翌15日に婚姻届を提出。愛する人のためはい上がった。

 「自分1人じゃできないことがたくさんありますし、だからこそ周りの支えっていうのが本当に大きかったし、その中で1番やっぱり近くで本当に復活するきっかけになったのはやっぱり奥さんのおかげだなと思ってます」と感謝を口にした。昨年7月場所では5年ぶり復活優勝。そして、「やっぱり大事な場所ですから、この結婚式を挙げて、来場所もいい成績で終わらせたいなと思います」と、愛の力で大関返り咲きを目指す。

 プロポーズの言葉は「2人で幸せの家庭を築きたいもので、『自分が幸せにする努力をしますから』ということで、はい」と言う。ケガなどで苦しい時期に結婚を決めたことには「やっぱりそれまでずっと付き合いしてましたし、落ちても変わらず支えてくれてたのが本当にもうありがたい気持ちでいっぱいだったので、この人とずっと歩んでいきたいなと思いました」と、語った。

 照ノ富士が「明るく幸せな家庭を築きたいなと思っています」と言えば、夫人も「穏やかで温かい家庭を築いていきたいですね」と、抱負を述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス