文字サイズ

NFLの鉄人QBリバースが現役引退表明 歴代5位のパス記録 高校アメフト監督就任

 NFL歴代5位の通算パス獲得ヤード&通算パスTD記録をもつコルツのQBフィリップ・リバース(39)が20日(日本時間21日)、現役引退を発表した。

 リバースは04年ドラフトでジャイアンツに1巡目全体4位で指名された直後にイライ・マイニングとの交換でチャージャーズへ移籍した。プロ3年目の06年に正QBに昇格し、08年に年間最多TD、10年には同4710ヤードをマークした。06年から年俸2500万ドル(約26億円)で合意したコルツでプレーした今季まで15シーズン、全240試合でスターティングメンバ-に名を連ねるなど、鉄人ぶりを発揮した。

 通算パス獲得6万3440ヤードと同421TDパスはいずれも歴代5位の記録で自身は8度のプロボウル出場を果たしている。自身が先発QBを務めた試合の戦績は134勝106敗。今季を含めて8度のプレーオフ進出を果たしたが、悲願のスーパーボウル出場はならなかった。

 サンディエゴ・ユニオントリビューン紙電子版によると、背番号と同じ17年の現役生活に別れを告げたリバースは故郷アラバマ州の高校の監督を務めるという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス