文字サイズ

高木美帆が1500Mでリンク新Vも「世界と戦うと考えると厳しい」

女子1500メートルで優勝し、表彰式で手を振る高木美帆=YSアリーナ八戸
女子1500メートルの表彰式でメダルを手にする(左から)2位の押切美沙紀、優勝の高木美帆、3位の高木菜那=YSアリーナ八戸
2枚

 「スピードスケート・全日本選抜八戸大会」(22日、YSアリーナ八戸)

 女子1500メートルは、世界記録保持者の高木美帆(26)=日体大職=がリンク記録を更新する1分55秒60で優勝した。

 前の組で転倒があり、救護のためスタート開始時刻が遅れるハプニングがあった中、集中を切らすことなく圧巻のレース運びを見せた。それでも「体のコンディションやレースも見て、(1分)54秒台を出さないと、世界と戦うと考えると厳しいと思った。このタイムは修正しないといけないところがあるなと」。自己採点は辛口だった。

 開始時刻遅れの影響については「自分の対応ミス」と反省。「転ばれた選手が無事でいてくれたら」と気遣った上で「転倒は競技にはつきもの。自分のその時の最高のパフォーマンスをするためにどうしないといけないか、即座に、もっと柔軟に対応しないといけない」と、臨機応変な対応力を課題に挙げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス