文字サイズ

大相撲 来春の巡業中止 コロナ影響 芝田山親方「お客さんを入れられる状況にない」

 日本相撲協会は1日、理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で来年の春巡業を中止とすることを決めた。今年の春巡業から夏、秋、冬とすべて開催を見送り。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「お客さんを入れられる状況にない」と判断された。

 来年の春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)は例年通り大阪で行う前提で準備を進める。ただ秋、冬とコロナに加え、インフルエンザの流行も懸念。「コロナ、インフルがどんな動きをするかを注視していく」と同親方は話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス