文字サイズ

南キャン・しずちゃんに女子ボクシング強化委員などオファー、日本ボクシング連盟

 アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が、女子ボクシングが初めて正式種目となった2012年ロンドン五輪を目指したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃん(41、山崎静代)に、女子の強化、広報活動を担う委員への就任を要請していることが9日、明らかになった。同連盟によると、しずちゃんは前向きに検討しているという。

 しずちゃんはミドル級でロンドン五輪を狙い、12年5月の世界選手権に出場するなどしたが、五輪出場はかなわなかった。15年に引退後も、女子の普及や底辺拡大に関心を示していた。

 昨年の世界選手権では、ロンドン五輪を一緒に目指したライト級代表の釘宮智子のセコンドを務めるために東京都連盟に役員登録していた。仕事の都合でセコンドは務められなかったが、「これからも何か役員としてやれたらと思う。女子ボクシングを少しでも知ってもらいたい」と話していた。

 来年の東京五輪ではフライ級の並木月海(自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(日体大)が日本女子として初の五輪出場を決めている。また、来年の世界最終予選には3選手が出場を予定。同連盟では「強化だけでなく女子の普及や知名度アップのため、彼女の力を発揮してもらいたい。選手のモチベーションにもつながるはず」と説明している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス