文字サイズ

元関脇栃煌山が現役引退 年寄「清見潟」を襲名 思い出は稀勢の里最後の一番

リモートで引退会見した栃煌山
リモートで引退会見した栃煌山(右)と師匠の春日野親方
2枚

 大相撲の元関脇で十両栃煌山(33)=春日野部屋、本名・影山雄一郎)が15日、現役を引退し、年寄「清見潟」の襲名を発表した。この日、リモートで引退会見が行われた。

 「大阪場所で十両に落ちたことが決まって気持ちを決めた」とやり切った思い。昨年九州場所で1度十両に落ち1場所で幕内復帰。だが先場所、3勝12敗と振るわず、再び十両に落ち、いさぎよく決断した。

 高知県安芸市出身。明徳義塾高から春日野部屋に入門し、05年初場所で初土俵を踏んだ。幕内を77場所、三役は25場所務めた。06年秋場所で新十両、07年春場所で新入幕を果たした。三賞は2技能賞、2殊勲賞、2敢闘賞、6金星を獲得。

 小学校から同級生、元大関豪栄道(現武隈親方)とライバル関係。元横綱稀勢の里(現荒磯親方)らとともに「花のロクイチ組」として競い合った。何度も大関候補に挙げられながら失敗。12年夏場所で優勝決定戦に臨んだが、賜杯はあと一歩届かなかった。

 15年に及ぶ土俵人生。「親方の指導、兄弟子にしっかり鍛えていただいて自分らしい相撲が取れた。自分の相撲を取りきって一番一番頑張ってきた。器用な相撲が取れなかったので体に染みこませるように稽古もしていた。逃げずに自分の相撲を取りきること、それだけはずっと心に思っていた」と、愚直に前に出る相撲を取りきったことに胸を張った。

 思い出の一番は昨年初場所3日目、横綱稀勢の里戦。寄り切りで制し、この一番で稀勢の里は引退した。「同学年で最後に相撲が取れた」と、うれしさも寂しさもあった。

 ライバル豪栄道の存在も大きく「小学生の時から対戦して負けたくなかった。負けたくない気持ちでやってきた」と語った。

 今後は親方として後進の指導にあたる。「若い力士に自分が伝えることをしっかり伝えたい」と、意欲を見せた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス