文字サイズ

五輪組織委、全競技会場確保報道に「事実はない」「楽観的な報道は遺憾」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンが9日、報道陣に対応した。新型コロナウイルスの影響で1年延期となった大会で、従来予定されていた全ての競技会場などの施設が来年も使用できる見通しとなったとの一部報道を受け、「東京都や組織委員会が公表した事実はない」と否定した。

 大会は1年延期にとなったが、組織委は従来の予定通りの会場を踏襲する方向で調整を進めている。高谷スポークスパーソンは「この報道に関して、東京都や組織委が公表した事実はない。現在、確保に向けて調整しているところ。調整が整い、公表が可能となった段階で発表させていただく」と会場を確保できたとの報道を否定した。

 さらに、「各会場との調整のさなか、こうした楽観的な報道がなされたのは遺憾」と不快感を示すとともに、「報道によって、多くの関係者にご迷惑をお掛けしている点については申し訳ないと思っている。引き続き、慎重かつ誠意を持って進めていきたい」と述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス