文字サイズ

大迫傑「自分がどう強くあれるかを考えて」桐生、寺田と総体中止の高校生にエール

 マラソン男子日本記録保持者の大迫傑(29)=ナイキ、男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(24)=日本生命、女子100メートル障害日本記録保持者の寺田明日香(30)=パソナグループ=が12日、全国高校総体(インターハイ)の中止を受け、陸上に取り組む全国の高校生に向けて「高校陸上オンライン・サミット・ウィズ・アスリーツ」をオンライン上で開催した。

 各自の高校生活を振り返りながら、現役高校生へアドバイスを送った。部活動が停止する中、練習再開の方法を司会者に聞かれた大迫は「今始めてる時点で遅い。しっかりしてる選手は自粛の中でもやれることやってきてる。焦ってる選手に唯一できるアドバイスは『現状を受け入れて1から下地を作るしかない』。ちょっと厳しいかもしれないけど」と意見。「いろいろメッセージも来るんですけど、できない理由を探すんじゃなくて、できる理由を探すことが今の高校生には大事」と強調した。

 厳しい意見も交えつつ、「みんな大変な思いをしてると思うが、自分がどう強くあれるかを考えて、みんなで乗り越えていけば、その先に見たことがないような結果や成長が待ってると思う」と大迫は温かい言葉も送った。

 桐生は「自分が今できることを考えるのと、ポジティブに考えていけば可能性が広がるのかな」とアドバイス。寺田は「色んなことに挑戦できる期間と考えてほしい」と高校生の背中を押した。

 配信は大迫、桐生、寺田が発足メンバーとなった「日本生命 高校陸上ウィズ・アスリーツ・プロジェト」の第1弾プロジェクトとして行われた。今までにない状況に向き合う高校生のモチベーション作りや競技に取り組むきっかけ作りを目指していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス