文字サイズ

NTC利用再開初日に喜びの声 飯塚翔太「初めてプールに入った子供みたい」

 陸上短距離で、16年リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルメンバーの飯塚翔太(28)=ミズノ=が28日、同日から利用再開となった味の素ナショナルトレーニングセンターでの練習を終え、オンラインで取材に応じた。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言で閉鎖されていたため、約1カ月半ぶりの競技場での練習。久々にトラックの感触を堪能した。「ただいま!って感じでした。懐かしい感じがしたし、タータンの匂いがして、楽しかった。初めてプールに入った子供みたいな感じでした」。約1時間半、100メートルを12秒5から13秒で5本ほど走り、汗を流した。練習終わりには裸足でトラックの感触を確かめたという。

 まだ様々な規制が設けられており、同時間に練習をしたのは4人。距離をとり、私語も慎むなど「いつもと違った雰囲気だった」と振り返ったが、「ずっと走りたいな、と思っていた。トラックで練習できるのはありがたい」と、充実の表情で語った。

 現状では10月に日本選手権が行われる見込みとなっているが、競技スケジュールはまだまだ不透明なところがある。それでも、来年に延期になった東京五輪に向け、「今回のコロナの影響で、会場でスポーツを見る人は減ると思う。集まることに抵抗がある人はいると思うので。それでも足を運んでもらえるように、みんなで盛り上げていきたい」と、力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス