文字サイズ

東京五輪代表の前田穂南が圧巻の野口超え30キロ日本新 Qちゃん絶賛「支配できる」

 青梅マラソンで30キロ日本記録を樹立した前田穂南=青梅市
2枚

 「青梅マラソン」(16日、東青梅四丁目~青梅市総合体育館前=30キロ)

 女子で東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(23)=天満屋=が1時間38分35秒の日本新記録で圧勝した。アテネ五輪金メダリストの野口みずきが持っていた1時間38分49秒(05年ベルリンマラソンの30キロ通過タイム)の日本記録と、04年大会の1時間39分9秒の大会記録を更新した。

 東京五輪前の試金石として出場したレースで、満点回答だ。前田は序盤から女子のトップを独走。男子選手の集団をペースメーカーとして快ラップを刻み、“レジェンド”の持つ記録を塗り替えた。「1時間39分切りを目標にしていたけど、日本記録までは考えてなかった」と、ニッコリ。野口は04年の青梅マラソンを大会記録で制し、そのままアテネ五輪を制した。“黄金ロード”にのり「同じ流れになって、いいモチベーションになった。五輪での金メダルを目指して頑張っていきたい」と、自信を手にした。

 スペシャルゲストとして来場していた00年シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんも、その走りを絶賛。「アテネの前の野口さんと同じパターンを実践できた。この記録は自信になると思う」。前田の特長として「滑らかで負担の掛からない効率のいい走り」と「他人を気にせずに自分に集中できる精神面」を挙げた上で「レースの引き出しでは今の日本の選手で1番多い。五輪だからといって守りに入らず、自分でレースをコントロールして支配できる。そんな強さを持っている」と、うなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス