文字サイズ

ザギトワ 露の無情…17歳で直面する世代交代の波、体型変化…世界選出場すら危うく

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、トリノ)

 女子でまさかの最下位となる6位に終わった平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=は、フリーで転倒した際に足を負傷した影響で、エキシビションを欠場した。ロシアの国営通信社「タス通信」によると、2つ目のジャンプだったダブルアクセルで転倒した際に負傷。「エキシビションで滑ることができずに残念です。皆さんのサポートに感謝します」とコメントしたという。

 世界選手権連覇に向けて、厳しい状況に立たされた。今大会、247・59点という世界最高得点で優勝したアリョーナ・コストルナヤ(16)を筆頭に、2、3位には同門で複数の4回転ジャンプを駆使するアンナ・シェルバコワ(15)、アレクサンドラ・トルソワ(15)が入り、今季シニアデビューのロシア“3新星”が表彰台を独占。全員がザギトワと同じエテリ・トゥトベリゼ・コーチの門下生だ。競争の激しいフィギュア大国ロシア。まだ17歳の女王も、わずか1、2歳しか違わない若手との世代交代の波に直面している。

 国民的ヒロインの置かれた状況に、ロシアの国内メディアからも心配の声が上がっている。「スポルトエクスプレス」は、「なぜザギトワが失敗したか?相手が強すぎる」と題し、3人の新星が技術的に圧倒している点を指摘した。日本の浅田真央らも指導した名コーチのタチアナ・タラソワ氏は「チャンネル1」の中で「体型の変化の問題はある。スピード不足になっている」と指摘した上で「彼女は彼女自身と戦っている。彼女は克服するでしょう」と、願った。

 次戦は欧州選手権や世界選手権の国内代表選考会となるロシア選手権(25日開幕・クラスノヤルスク)で、再び3人娘と相対することになる。昨年は5位ながら、上位3人(シェルバコワ、トルソワ、コストルナヤ)が年齢制限のため、代表切符を手にし、意地で世界女王に戴冠した。ただ、今年は3人との争いに食い込めなければ、代表入りは厳しい。大会後、インスタグラムを更新し「『ALINA』と書かれた応援プレートはしっかりと見えました。私にとって皆さんは金メダルよりかけがえのない存在です」とファンに感謝し「今後も皆さんと一緒に前に進んで行けたらと思います」と、決意を綴ったザギトワ。正念場となるシーズン後半戦を迎える。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス