文字サイズ

世界選手権代表のサニブラウンが“猛虎魂”宣言「トラのように速く駆け抜けたい」

ドーハで開催される世界選手権に向けて抱負を語るサニブラウン=福岡県内(撮影・堀内翔)
 世界選手権に向けて新ユニフォームを披露するサニブラウン=福岡県内(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 日本陸上連盟は1日、福岡市内で9月に開幕する世界選手権(カタール、ドーハ)のトラック&フィールド代表選手発表会見を行った。前日まで行われた日本選手権などで内定した10人(男子6人、女子4人)を選出。男子100、200メートルで2年ぶりの2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=、女子やり投げの北口榛花(21)=日大=らが選ばれた。残る選手たちは参加標準記録の有効期間である9月6日までの世界ランキングなどにより選考する。

 この日、発表された日本代表の新ユニホームに身を包み、登壇したサニブラウン。ユニホームはドーハの「砂漠」をイメージしたサンライズレッドと黒のデザインだが、「デザインがパッと見、トラのような柄。トラのように速くフィールドを駆け抜けたい」と、メダルの期待も懸かる舞台に向け、“猛虎魂”を宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス