文字サイズ

横審が阿武松審判部長に“物言い” 館内説明に“ダメ出し” 八角理事長に改善求める

 会見する横綱審議委員会の矢野弘典委員長
2枚

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会合が27日、東京・両国国技館で行われ、審判長の館内説明に関し“物言い”が付いた。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)が「審判長の説明をもっと分かりやすくしたらどうかという意見が出た。審判は絶対。権威の確立のためにも指導をしてほしい」と八角理事長(元横綱北勝海)に改善を申し入れた。

 夏場所では審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)の説明が混乱を招いた。13日目、関脇栃ノ心と平幕朝乃山の一番では栃ノ心の右かかとが出たかを巡って物言いが付き、6分余りも審議。差し違えで朝乃山の勝利とされたが説明が不足し、館内説明では東西の力士を間違えた。協会にも抗議の電話が殺到した。

 その他の取組でも勝者や東西をたびたび間違えるなど、観客を困惑させた。同委員長は「説明の仕方。信頼を高める説明が必要」と訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス