文字サイズ

石川佳純 東京五輪で集大成「一区切りというのはある」

 世界選手権出発前に取材に応じる石川佳純
1枚拡大

 「卓球・世界選手権」(21日開幕、ブダペスト)

 卓球の世界選手権個人戦に出場する日本代表が15日、羽田空港から直前合宿地のドイツへ出発した。女子で世界ランク6位の石川佳純(26)=全農=は「いよいよ出発だなと。大舞台ほど目の前の試合が大事」と気を引き締めた。

 13日には、ともに日本代表をけん引してきた男子の水谷隼(木下グループ)が「(世界選手権)個人戦は今回が最後」と表明した。石川は「ビックリした。『まだまだ一緒に頑張りましょうよ』と(本人に)言ったけど、大変なのも分かる」と、盟友の決断を惜しんだ。

 ただ、石川にとっても来年までの戦いが集大成で「東京(五輪)で一区切りというのはある」と語った。現状その先は白紙だが、まずは出場権を獲得するためにも目の前の大一番に全力を注ぐ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス