文字サイズ

紀平が左手薬指を負傷「結構やばい」 四大陸選手権練習中に転倒

公式練習を終えて左手薬指を見つめる紀平梨花=(撮影・堀内翔)
3枚

 7日(日本時間8日)に開幕するフィギュアスケートの四大陸選手権へ向け、GPファイナル女王の紀平梨花(16)=関大KFSC=らが5日(同6日)、米アナハイム近郊の練習リンクで調整した。午後の練習で7度のトリプルアクセルを着氷するなど好調ぶりを発揮していた紀平だったが、約40分間の公式練習終了直前、3回転ルッツの着氷時に転倒し、左手の薬指を負傷した。

 珍しく大きく転倒した紀平は、コーチの元へと向かい、アイシングとテーピングを行った。転んだ際に氷にあいていた穴に左手の薬指が引っかかり「ぐにゃぐにゃ」となったという。腫れと痛みが出ており「結構やばいとは思う」と紀平。「歩くのもちょっと…」と首をひねった。

 「突き指だと思うけど、今はまだちょっと分からない。なんとか間に合うかな?という感じ」と話し、ここから治療を行うとした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス