文字サイズ

大坂なおみ 日本勢初の全豪決勝進出「厳しい戦いになると思った」フルセットの勝利

 女子シングルス準決勝でポイントを奪い、声を上げる大坂なおみ(共同)
3枚

 「テニス・全豪オープン」(24日、メルボルン)

 女子シングルス準決勝で第4シードで世界ランキング4位の大坂なおみ(21)=日清食品=は、第7シードで同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に6-2、4-6、6-4で勝利した。

 日本勢としては男女を通じて初の全豪決勝進出となり、昨年の全米に続く四大大会制覇に王手をかけた。

 また、大会後発表の世界ランキングで日本勢初の2位以内に浮上することが確定した。

 試合後に行われた現地でのインタビューでは「直接対決では彼女の方が勝っているので、厳しい戦いになると思っていました。第3セットは立て直そうと、それで何とか勝てました」と激闘を振り返った。

 1セットオールで迎えた第3セット。サービスゲームとなった第2ゲームで、プリスコバに3度のブレークポイントを握られながらも、何とかしのいでキープ。すると続く第3ゲームでは、ラブゲームでブレークして、一気に主導権を握った。

 第8ゲームではブレークポイントを許して苦しみながらもキープに成功すると、元世界ランク1位をそのまま押し切った。

 大坂は全豪初優勝をかけて、26日の決勝でウィンブルドン選手権で2度優勝を誇る第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス