文字サイズ

高梨沙羅が2位、蔵王大会でW杯3戦ぶり表彰台

W杯ジャンプ女子第8戦で2位になり笑顔の高梨沙羅(左)。中央は優勝したダニエラ・イラシュコ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=クラレ蔵王シャンツェ
W杯ジャンプ女子第8戦で2位になり、花火を背に花束を掲げる高梨沙羅
W杯ジャンプ女子第8戦で優勝したダニエラ・イラシュコ(左)と握手する2位の高梨沙羅=クラレ蔵王シャンツェ
3枚3枚

 「ノルディックスキー・ジャンプ女子W杯」(18日、蔵王)

 平昌五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が203・5点で2位に入り、W杯では3試合ぶりの表彰台に立った。優勝はダニエラ・イラシュコ(オーストリア)で205・2点だった。

 高梨は1本目で92・0メートルと全選手中2番目の距離を飛び、トップのイラシュコに3・2点差の2位につけた。2本目はイラシュコを1・5メートル上回り、ポイントでは1・5点上回ったが逆転にはあと一歩届かなかった。

 高梨はフランスでの2大会では2位と3位だったが、日本に転戦しての札幌では2大会で11位と8位に終わっていた。また、今季はここまで優勝はない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス