文字サイズ

関学大・鳥内監督「次元が違いすぎる」社会人対大学の大会方式に疑問呈す

厳しい表情で戦況を見つめる関学大の鳥内秀晃監督(中央)=東京ドーム(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 「アメリカンフットボール・ライスボウル、富士通52-17関学大」(3日、東京ドーム)

 社会人代表の富士通が3年連続4度目の日本一に輝いた。学生代表の関学大は大差を付けられて敗戦。今春の定期戦で日大選手から悪質タックルを受けたQB奥野耕世(2年)は最後は頭部を強打し、担架で運ばれて波瀾(はらん)万丈のシーズンを終えた。最優秀選手賞は2TDを挙げた富士通RBニクソン・トラショーンが獲得。学生代表は10連敗となり、関学大側からは試合内容や安全面を考慮して現行の方式での開催意義を問う声も上がった。

 大差での敗戦で学生10連敗。関学大・鳥内監督は「次元が違いすぎる。これでフットボールの面白さを伝えられるのか」と社会人対大学という大会方式に疑問を呈した。

 この日は6人が担架で運ばれたこともあり、小野ディレクターは「安全面で問題がある。NFLのキャンプにいるような選手と日本の高校を出たばかりの選手がやるのだから」と体格差から生じる故障のリスクも問題に挙げた。日本協会の国吉会長は「正月の風物詩として定着している」と大会存続させる前提で「レギュレーションを協会として考えないといけない」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス