文字サイズ

ザギトワ足を負傷していた 露メディア報道 TVケーブルで足をひねるも強行出場?

銀メダルを手に笑顔を見せるアリーナ・ザギトワ
健闘をたたえ合う紀平梨花(右)とアリーナ・ザギトワ(撮影・國島紗希)
フリーへ向けて最終調整するアリーナ・ザギトワ(撮影・國島紗希)
3枚3枚

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(8日、バンクーバー)

 女子フリーが行われ、SP2位の平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=はフリー2位の148・60点、合計226・53点で、2位に終わったが、ザギトワはフリー直前に、足に負傷をしていたことが判明した。ロシア国営のタス通信は同国スケート連盟のアレクサンダー・コガン総監督の話として、「ウオーミングアップ中にアリーナは足を少し捻挫した。大きな問題ではなかったが」と、明かした。「SPORT.ru」によると、カナダスケート連盟のテッド・バートン氏が、ザギトワがテレビのケーブルでつまずき、負傷したことを発表。同氏によると、コーチ陣は欠場も検討したが、ザギトワ自身が出場を望んだという。

 女子の頂上決戦は、SP1位の日本の紀平梨花(16)=関大KFSC=が、フリー1位の150・61点をマーク。トータルでは今季ベストの233・12点で初優勝を果たした。GPシリーズ参戦初年度でファイナルを制したのは、日本勢では05年の浅田真央以来の快挙となった。

 自国の女王が敗れたことについて、ロシアメディアも大きく報道。スポーツ紙「スポルトエクスプレス」は、「ザギトワが王位を失った。素晴らしい日本の女性がそれを奪い去っていった」と見出しで報じ、「連続ジャンプのミスの後、集中して戦ったが、勝つには完ぺきでなければならなかった」と、厳しい戦いを総括した。紀平については「ロシア選手の構成は紀平を超えられない。技術点で優位に立ち、構成点も五輪チャンピオンとほぼ同等になっている」と、その成長に舌を巻いた。

 浅田真央らも指導した同国の名コーチ、タチアナ・タラソワ氏のコメントも掲載。ザギトワについて「いつも1番にはなれない。彼女のプログラムはもっと面白くなっていく」と、思いやった。一方で紀平についても「強力な技術基盤を持つライバルができた」と、称賛していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス