文字サイズ

相撲・大岩戸が引退 今後は会社員 師匠八角親方も「努力した子」

引退会見を行った大岩戸(左)と師匠の八角理事長
1枚拡大

 大相撲の元東前頭16枚目で幕下の大岩戸(36)=八角、本名・上林義之=が11日、日本相撲協会に引退届けを提出し、現役を引退した。山形県鶴岡市出身。近大で学生横綱となり八角部屋に入門。04年春場所、幕下15枚目格付出で初土俵を踏んだ。05年夏場所で新十両、13年春場所で新入幕を果たした。

 14年初場所で幕下に陥落すると腰痛などに苦しめられ再び関取に返り咲くことはなかった。昨年夏場所、36歳0カ月の戦後最年長で幕下初優勝を果たし、晩年の輝きを見せた。

 この日、両国国技館で師匠の八角理事長(元横綱北勝海)と並んで引退会見。14年に及ぶプロ人生に「やりきった。すっきりした。気持ちはまだまだやりたいけど、体があちこちケガして治らなくなった。この辺が終わるタイミング」と、完全燃焼した。

 一番の思い出は稽古で師匠に胸を出してもらったこと。「(引退後で)体重も軽かったけど気迫、オーラに緊張してすぐ息が上がった。横綱に上がった人のぶつかり稽古はこういうものと勉強になった」と師の偉大さを感じ取った。

 今後は横須賀市で会社員となる。「パソコン、携帯電話を回収して金を取り出す会社に就職する」と、また一から再出発。「コツコツ一生懸命、頑張るしかない」と師匠からの教えを第二の人生で生かすつもり。

 師匠は「努力できる子、努力した子。まじめな力士で人を教えるのが上手になると思っていた。指導者としては残念。社会人一年生。一般社会で生かしてくれたら」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス