文字サイズ

“町田樹劇場”8分「ボレロ」熱演 フィニッシュで氷上にバタリ

独特の表現で魅了する町田樹氏
「ボレロ」を熱演する町田樹氏
2枚2枚

 フィギュアスケートのアイスショー「プリンスアイスワールド2018」が3日、新横浜スケートセンターで行われ、報道陣に公開された。平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車、四大陸選手権女王の坂本花織(18)=シスメックス=らが出演する中、大トリで登場したのは14年ソチ五輪代表で同年末に引退した町田樹氏(28)。約8分にわたる「ボレロ」を熱演し、会場を大いに沸かせた。

 4月28日の公演後には、演目について「スケートの魅力、魔力に取り付かれた一人の男の話です」と説明していた町田氏。独特の振り付けで会場を引き込むと、優雅でありながらも力強いジャンプやステップ、美しいスピンで魅了。町田樹にしか演じられない“作品”を完遂して見せた。

 フィニッシュでは氷上に倒れ込み、しばらくそのままの姿勢で万雷の拍手を浴びていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス