文字サイズ

カーリングLS北見がスポーツビズと契約 荻原兄弟、上村愛子らも所属

 LS北見の(左から)吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、藤沢五月、本橋麻里
1枚拡大

 平昌五輪で一大ブームを巻き起こした女子カーリングのLS北見が、スポーツビズ社とマネジメント契約を結んだことが13日、発表された。

 キャプテンの本橋麻里は「LOCO SOLAREが大切にしている『アスリートファースト』『故郷への思い』に深く共感して下さり、業務委託の運びとなりました。スポーツビズの力を借り、選手、スタッフ、スポンサー、応援して下さる皆様が、笑顔になれるチーム作りをして参ります。嬉しさと悔しさが半分半分だった五輪をチームで経験し、改めてカーリングの素晴らしさ、仲間の大切さを学びました。私達は次の目標へ動き出しておりますので、これからもLOCO SOLAREを宜しくお願い致します」とコメントを発表した。

 同社は荻原健司、次晴、上村愛子、八木沼純子ら、冬季五輪出場者たちも数多く所属している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス