文字サイズ

インフィニティ大阪とサイクロプス大阪が合併

 サイクロプス大阪eスポーツコネクト社長伊草雅幸氏(右)とシニアアドバイザー嶋尾康史氏(左)
 新生サイクロプス大阪の選手とスタッフ
2枚2枚

 コンピューターゲームの日本一を決める「日本eスポーツリーグ」に所属し、大阪を拠点に活動するインフィニティ大阪(大阪市)とサイクロプス大阪(同)は、12月1日に合併することを発表した。新チームの名称は「サイクロプス大阪」に統一される。正式名称は「CYCLOPS athlete gaming」。

 両チームは、日本eスポーツリーグでの優勝と関西でのeスポーツの認知、発展を目指すことで合意、このたびインフィニティ大阪とサイクロプス大阪の代表、選手が大阪市内でキックオフ会を開催した。

 サイクロプス大阪のSA(シニアアドバイザー)に就任する嶋尾康史氏は、「熱い思いでeスポーツの発展、関西でのeスポーツの普及に取り組んでおられる伊草さんと組むことで、チームの強化とeスポーツの認知が深まると確信し合併を決めました。海外ではプロスポーツチームがeスポーツのチームを保有している。関西といえば阪神タイガース。将来的にタイガースと組めたらすごいことになりますよ!」と語った。

 サイクロプス大阪のeスポーツコネクト社長伊草雅幸氏は「今はまさに日本のeスポーツの市場は発展途上であり、これを機にさらに力をつけて海外でも活躍できる選手、チームに育てていきたい。」と話した。

 合併後初のリーグ戦は12月上旬から来年1月にかけて開催される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス