文字サイズ

水戸龍、幕下全勝V逸で十両昇進お預け あわや“もろ出し”危機も

寄り切りで水戸龍を破り、幕下優勝を決めた鏡桜(左)=両国国技館(撮影・出月俊成)
水戸龍を寄り切り、幕下優勝を決めた鏡桜(右)=両国国技館(撮影・中田匡峻)
寄り切りで水戸龍を破り、幕下優勝を決めた鏡桜(左)=両国国技館(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「大相撲秋場所・13日目」(22日、両国国技館)

 元アマ横綱で東幕下14枚目の水戸龍(23)=錦戸=が西幕下49枚目鏡桜(29)=鏡山=との6戦全勝対決に敗れ、優勝と来場所の新十両昇進を逃した。立ち合いから左を差され、上体が起きる不利な体勢。まわしがほどけそうになりながらも相手の攻めに耐えたが、最後は寄り切られた。

 同じモンゴル出身の先輩のうまさに屈し、「相手の形を作らせてしまった。知っていても取られちゃった。経験で負けました」とガックリ。それでも、「負けちゃったのはしょうがない。来場所また頑張るしかない」と前を向いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス