文字サイズ

本田真凜、シニアデビュー圧巻V 高地で酸欠も表彰式では笑顔

演技する本田真凜
3枚

 「フィギュアスケート・USインターナショナル」(16日・米ソルトレークシティー)

 女子フリーが行われ、シニア初戦に臨んだSP首位の本田真凜(16)=関大高=は、フリーで131・52点、総得点198・42点をマーク。2位以下に約15点差を付ける圧勝で、シニアデビュー戦を見事に優勝で飾った。

 フリー「トゥーランドット」の荘厳な音楽にのり、冒頭から次々とジャンプを決めていった。標高1300メートルの酸素の薄い高地の会場。それでも1つの3回転ジャンプが2回転になった以外は、しっかりとジャンプを決め続けた。

 演技後のフィニッシュポーズを解くと、疲労困憊の様子でフラつき、なんとか笑顔を浮かべ挨拶を終えたが、リンクを降りると椅子に座り込み、得点表示を待つキス&クライまでたどり着けなかった。

 最終滑走者の長洲未来の演技が終わる頃には自力で立ち上がり、表彰式では笑顔でメダルを受け取った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス