文字サイズ

羽生、5本の4回転で世界最高更新へ…フリー新「SEIMEI」で

ジャンプで転倒し、悔しそうに笑顔を見せる羽生
フリー「SEIMEI」に合わせポーズを決める羽生結弦
りりしい表情から一転、時折笑顔をのぞかせる羽生結弦
3枚3枚

 フィギュアスケートの世界王者、羽生結弦(22)=ANA=が8日(日本時間9日)、拠点とするカナダのトロントで練習を公開し、平昌五輪シーズンのフリーは15-16年シーズンでも使用した「SEIMEI」で挑むと明かした。

 同じ曲を使用してはいるが「常に高いレベルで練習している」と羽生が言うように、今回は後半3本を含む計5本の4回転を入れる構成を予定している。フリー219・48点という歴代最高得点(当時)を記録した一昨年のGPファイナルでは、4回転がサルコー、トーループ2回の2種類3度の構成だっただけに、大幅な得点の伸びが期待される。

 自身が保持する歴代最高点(SP110・95点、フリー223・20点、合計330・43点)についても「越えないと」と意欲的だ。「健康で、けがなく、自分が実力を精いっぱい出せる状態でまず選ばれるのが大事。選ばれたら金メダルを狙ってしっかりやっていきたい」と決意を述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス