文字サイズ

シンクロ乾、中村組は4位 日本表彰台から陥落…乾「悔しい」

 デュエット・テクニカルルーティン決勝 演技する乾(手前)、中村組
 デュエット・テクニカルルーティン決勝の演技を終え、井村雅代ヘッドコーチ(右)の話を聞く乾(中央)と中村
2枚2枚

 「水泳・世界選手権」(16日、ブダペスト)

 シンクロナイズドスイミングのデュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝で乾友紀子、中村麻衣組(井村シンクロク)は92・0572点で4位に終わり、この種目の日本勢で2大会連続のメダル獲得はならなかった。3位のウクライナペアに0・5910点及ばなかった。スベトラーナ・コレスニチェンコ、アレクサンドラ・パツケビッチ組(ロシア)が95・0515点で優勝した。

 オープンウオーター女子10キロの森山幸美(日体大)は2時間2分13秒3で20位、貴田裕美(コナミスポーツ)は23位だった。

 取材エリアに現れた乾は「悔しいです」と絞り出すと、タオルで顔を覆って言葉を続けられなかった。シンクロナイズドスイミングのデュエットTRで乾、中村組は予選から持ち直したものの、ライバルのウクライナ組に届かず表彰台から陥落。リオデジャネイロ五輪までに確保した世界3番手の座が揺らぎ始めた。エースの乾は残る種目に向け「まだ始まったばかり。一つ一ついい演技をしていきたい」と、涙を拭って気持ちを奮い立たせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス