文字サイズ

羽生の絶叫でエキシビション閉幕「3・2・1…!!」

ファンに「ありがとうございました!!」と大声であいさつする羽生結弦=代々木第一体育館(撮影・堀内翔)
エキシビションで華麗な演技を披露する羽生結弦=代々木第一体育館
エキシビションでアンコールに応えた羽生結弦=代々木第一体育館(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「フィギュアスケート・国別対抗戦、エキシビション」(23日、代々木第一体育館)

 3大会ぶり2度目の優勝を果たした日本から羽生結弦(22)=ANA=がショーの最後に登場。しっとりとしたエキシビションナンバー「ノッテ・ステラータ」で会場を魅了すると、アンコールでは一転。ロック調のショートプログラム(SP)「レッツ・ゴー・クレイジー」で会場を沸かせた。

 プリンスさんの名曲に合わせてステップを刻む羽生は、試合での演技以上に観客をあおりまくり。会場はコンサート会場さながらの大熱狂となり、今季SPで羽生が大切にしていたテーマの1つだった「コネクト」を体現した。

 フィナーレの最後には、なりやまない拍手の中、羽生が何かを叫ぼうとした。それを察して会場が静まると、地声で「3・2・1・ありがとうございました~」。大声で叫び、感謝を伝えて今季を締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス