文字サイズ

白鵬敗れ1敗、初挑戦の相手への連勝も28で止まる

荒鷲が寄り切りで白鵬(右)を=両国国技館(撮影・堀内翔)
3枚

 「大相撲初場所・8日目」(15日、両国国技館)

 38度目の優勝を目指す横綱白鵬(宮城野)は前頭2枚目の荒鷲(峰崎)に敗れ、今場所の初黒星を喫した。

 立ち合いから左の上手をとられ、そのまま向正面へ一気に寄り切られた。

 荒鷲は二つ目の金星。また、白鵬の初挑戦の相手への連勝は28で止まった。幕内は大関稀勢の里がただ1人全勝となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス