文字サイズ

浅田真央、3回転半以上に連続ジャンプ失敗で痛手【採点詳細】

観客を沸かせた浅田真央
1枚拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(25日、東和薬品ラクタブドーム)

 女子フリーが行われ、SP8位からの巻き返しを期した浅田真央(中京大)はフリー114・10点、合計174・42点で12位に後退した。冒頭で転倒したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は回転不足から「ダウングレード」の判定を受け、基礎点が3・30に、出来栄え点(GOE)を反映すると1・80点となった。

 2度のコンビネーションジャンプは回転不足と判定され得点を伸ばせず。予定していた3回転フリップ-2回転ループ-2回転ループの連続ジャンプも最初のフリップが抜けてしまい1回転の単独ジャンプになってしまい0・46点となったことが大きな取りこぼしとなった。

 3つのスピンとステップシークエンスはすべてレベル4を獲得した。スケート技術、曲の解釈、要素のつなぎなどを評価する構成点は合計65・32点。これは全体で宮原知子の70・06点に次ぐ2番目に高い点数で、表現力や基礎技術の高さは証明している。

 以下、各要素ごとの点数。単位は点。※は演技後半のジャンプのため加点あり。<は回転不足。<<は回転不足によるダウングレード判定。

 【技術点】50・78

(1)3回転アクセル<<(転倒)        1・80

(2)3回転フリップ<-3回転ループ<     6・20

(3)3回転ルッツ               6・70

(4)フライングキャメルスピン レベル4    3・77

(5)コレオグラフィックシークエンス レベル1 3・60

(6)2回転アクセル-3回転トーループ<※   6・64

(7)3回転サルコー※<(転倒)        1・31

(8)1回転フリップ※(予定では連続ジャンプ) 0・46

(9)3回転ループ※              6・31

(10)足換えコンビネーションスピン レベル4 4・36

(11)レイバックスピン レベル4       3・63

(12)ステップシークエンス レベル4     6・00

 【構成点】65・32(以下の各点数に1・60を乗じたもの)

 スケート技術  8・04

 要素のつなぎ  7・64

 動作/身のこなし8・04

 振り付け/構成 8・50

 曲の解釈    8・61

 【減点】転倒 -2・00

 【フリーの合計】114・10

 【SPとの合計】174・42

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス