文字サイズ

王者・青学を脅かす東海大のルーキーパワー 両角監督「のるかそるか」

 来年1月2、3日に行われる箱根駅伝で悲願の初優勝を狙う東海大が16日、湘南キャンパスで練習を公開した。前回大会は5位。今季は強力な1年生が加入し、大幅な戦力アップを果たし、“打倒青学大”を狙う。

 16人のエントリーメンバーのうち1年生はなんと8人。両角監督は「強力なルーキーの大量補強に成功し、さらに上を狙う意識が高まった。おそらく2、3日も多くの1年生がエントリーされる。のるかそるか。面白い方に転がってくれれば。失敗を恐れず、王者青学に食らいついて、良いレースをしたい」と抱負を語った。

 特に注目されるのは、出雲駅伝で3区区間賞をマークした関颯人、ハーフマラソン日本ジュニア歴代2位の鬼塚翔太、全日本大学駅伝で3区区間賞の館沢亨次の“三羽ガラス”。鬼塚が1区、関が2区、館沢が5区と主要区間への配置が有力視される。両角監督が「いずれは学生陸上界をけん引するスター選手になる」と評する関は「距離の不安はない。2区の1年生最高記録を狙っていく。楽しみ」と腕ぶした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス